3年が過ぎました・・・

昨日今日と 夏日を思わせるような暑さが続いています。

今日 やっとのことで 3年前に亡くなった愛犬「こてつ」のお墓参りに行ってきました。
6月22日が命日なのですが その日は仕事だったので
一日遅れの昨日行くつもりでした・・・が・・・
またまた車にハプニングが起きました。
それは 持っていくお花を買いに入って気が付きました。

「えらく車の振動がするな?・・・」と

数か月前の事ですが タイヤがパンクして前輪2本だけ新品に入れ替えたのですが
その時 ケチったのが
災いして 今度も変えていない後輪がパンクしていました。

仕方なく お墓参りは中止 車はタイヤ交換にと運ばれて行きました。
勿論新品に入れ替えました。

そんな訳で 今日こそはと 「こてつ」のイメージの白いお花を持って お参りしてきました。
d0154954_1410874.jpg

                亡くなる前の冬15歳の頃の「こてつ」です。
d0154954_14125249.jpg

以前にもアップしたと思いますが こんなきれいな自然いっぱいの所に眠っています。
d0154954_14144963.jpg

<トルコキキョウ・白のこぎく・紫のスターチス>をお供えしました。

もうそろそろ てっちゃんから卒業しなくてはいけないことも そして・・・
いま日本には 飼い主さんを亡くしたり 泣く泣く手放されたりしたわんちゃんが
たくさんいることもわかっています。
が・・・
元気な頃はいいのですが コテツのように年老いて心臓が悪くなり また飲んだ薬の」副作用で肝臓を壊し
手術をしようにも体力がなくてできないし 弱って行くのを見ている事しかできなかった 辛さ苦しさが頭から離れません。
もうこんな経験はしたくないというのも事実です。
私の自分勝手な 言い訳にしかすぎないこともわかっています。

ここ暫くは このままでいようと思っています。
[PR]
Commented by 紅葉 at 2011-06-24 21:17 x
nanacoba-baさん こんばんは~

辛い思いされたんですね~
こてつちゃんはnanacoba-baさんと暮らせたこと幸せだったと
おもっています。

そして今もそばにいて見守ってくれてます。
そのうちこてつちゃんがいい縁を結んでくれます。
Commented by nanacoba-ba at 2011-06-24 21:42
紅葉さんこんばんは~

こてつとは 今まで飼ったワンちゃんの中で一番長く過ごしたということもあり 私が一番つらかった時もいつも一緒に寄り添ってくれていたので なかなか 踏ん切りが付きません。

そうですよね…時期が来れば また 縁があれば・・・
そうなることを願っています。
Commented by ちゃー at 2011-06-25 10:35 x
もう3年。 そして「まだ」3年のお気持ちでしょうか。。
動物を飼う時には「自分が最期を看取るんだ」って誰しもが思われるはずですが、実際にその「時期」がきてしまうといたたまれないですよね。。
でも紅葉さんのおっしゃる通り、空の上からあやちゃんを見守ってくれてる「こてつくん」がステキなご縁を持ってきてくれるかも。
そんな日をあやちゃんがすんなりと受け入れてくれる事を待ってます♪

それにしても素晴らしくステキなお墓だこと。。。
Commented by nanacoba-ba at 2011-06-25 21:51
ちゃーさんこんばんは~

思い出すことは あの時こうしてあげればよかった・・・ああしてあげれば良かったのでは・・・と反省と後悔ばかり
てっちゃんも もう許してくれてるでしょうかね・・・
 
Commented by chigusano at 2011-06-26 20:44
てっちゃんの 看病や お世話を誠心誠意しておられた姿を見ていますので nanacoba-baさん そう自分を責めないで!

てっちゃんは お母さん大好きワンちゃんで
天国で、お母さんありがとうを言って居ますよ!
そして 縁があれば 新しい家族を受け入れることも
てっちゃんの 供養になると思います。

あれこれ考えているより その時の直感ですよ!
動物を受け入れる時は いろいろ考える暇がありません。
見た途端!うちの子!ですよ。

その日まで・・・・♡
Commented by nanacoba-ba at 2011-06-26 21:07
chigusanoさんこんばんんは~

そうですね。
てっちゃんの為にも 前向きにならないといけませんね。

先ずは 手始めに主人の説得から始めなければなりません。
ありがとうございます。
頑張ってみますね。
Commented by ラベンダー at 2011-06-26 22:24 x
nanacoさん・・アイコンは亡くなられたワンちゃんだったのですね。亡くなった人は、心配されたり、悲しみから這い上がれない人を心配して傍に居ると聞きました。安心させてあげた方がいいですよ。お話するなら、楽しかった事や可愛かった事など、お声かけしてあげましょ。生き生きと暮らし、忘れる事なく想い続けてあげたら、お互いが幸せになれると思います。子供亡くした時、そう自分に言い聞かせました。
Commented by サリーママ at 2011-06-27 00:25 x
こんばんわぁ~。
可愛いワンちゃんが居たのですね。
こてつちゃん。
その時を一生懸命看病していても後悔ばかりが
先にたち自分を追い込んでしまう事が有ります。
ラベンダーさんが書かれた通りだと思います。
虹の橋と言う作者不明の詩が有ります。
検索してみて下さい。
楽しかった事を思い笑顔に変えて行きましょう!!

ワンちゃんを迎え入れるのは、本当に縁のものです。
運命的な出会いなのです。
その日が来るのを自然体で待っていましょう~。
Commented by at 2011-06-27 13:53 x
こんにちは。
こてつちゃんへの気持ち よくわかります。
私も ジュニ とは16年一緒だったから・・

>あの時こうしてあげればよかった・・・
ああしてあげれば良かったのでは・・
そう思います。
ボケてしまって・・いろんなことが分からなくなったり・・
辛いこともあったから 胸が痛くなったりします。
でも・・
楽しい思い出も いーーっぱい。この先も絶対忘れないし!^^
楽しい思い出をたくさん持って天国に行ってくれたと
思うようにしています。
こてつちゃんも きっとそうだと思います。
nanacoさんやご家族に愛されて こてつちゃんは 幸せだったし
今も天国で幸せにしていると思います^^

次の家族は 縁ですよね~
良いタイミングでnanacoさんと出会うのを待ってると思いますよ^^
Commented by nanacoba-ba at 2011-06-27 21:31
ラベンダーさんこんばんは~

ラベンダーさんは 私よりももっともっと辛い思いをされていたのですね。
てっちゃんが 安心して眠れるように 私がもっと前向きにならなくてはいけませんね。
思い出は思い出として大切にしまっておいて・・・

貴重なお話をありがとうございました。
Commented by nanacoba-ba at 2011-06-27 21:44
サリーママ さんこんばんは~

「虹の橋」読んできました。
きっときっと てっちゃんも「虹の橋」を渡って 元気に多くの仲間たちと
楽しく過ごしていることでしょう。
それを邪魔するようでは駄目ですよね。

そしていつか 新しい家族に巡り合うことが出来たなら
てっちゃんも 今以上に「虹の橋」の向こうで幸せになれるでしょう。
ありがとう!
Commented by nanacoba-ba at 2011-06-27 22:03
花さんこんばんは~

3年という月日が流れて すっかり気持ちの整理が付いていたはずなんですが・・・
6月に入ると 梅雨と言う季節のせいでもあるのでしょうか?ついつい
てっちゃんの辛そうな顔を思い出してしまうのですよ。
でももう 決して忘れるのではなく 気持ちを切り替えますね。
サリーママさんが教えて下さった「虹の橋」を読んで 私がてっちゃんの邪魔をしてはいけないと気付きました。
そして早く安心させてあげようと・・・

先ず 運命的な出会いに会う前に 主人を説得しなくてはなりません。
あまり ワンrちゃんが好きでないから・・・

Commented by さくらこ at 2011-06-28 20:45 x
犬を飼っていると、いつかはやってくる別れの時ですよね。
急に亡くなってしまうのも悲しいけれど、
苦しむ時が長いと、それも辛いですね。

3年経っても忘れられない、次の思いに繋げることが出来ないと思ううちは、その気持ちに素直でいたらいいと思いますよ。

どんなことでもだけど、思いや気持ちって、無理やりどうこう出来るものではないですものね。
時が掛かってもいいじゃないですか。

こんな風に思いを隠さずブログに綴ってみると、いろんな方のお話が聞けて、何かきっかけが掴めたりするかもしれないですね。

我が家のさくらも、今年年齢が二桁になりましたが、犬の時間ってあっという間に経っていくんだな、と思いました。
精神年齢は、ずっと変っていないような感じがするのにね。
これからも愛情込めて接して行こうと思っています。
nanacoさんのように。


Commented by nanacoba-ba at 2011-06-28 21:35
さくらこさんこんばんは~

>その気持ちに素直でいたらいいと思いますよ。
>時が掛かってもいいじゃないですか
という言葉に 少しほっとしています。
無理に「忘れなくては…」と言う焦りのような気持ちもあったので・・・

でも 多くの人から色んなお話やアドバイスが聞けて良かったです。
ほんの少しずつでも前向きに考えることができそうです。
ありがとうございました。

さくらちゃんがいつまでも元気で さくらこさんの傍で寄り添ってくれることを願っています。
名前
URL
削除用パスワード
by nanacoba-ba | 2011-06-24 14:37 | 日記 | Comments(14)